一遍上人語録

消息法語

山門横川の真縁上人へつかはさるゝ御返事

この世の対面は多生の芳契、相互いに一仏に帰する事、これよろこびなり。生死は我執の迷情、菩提は離念の一心なり。生死もと無なれば、学すともかなふべからず。菩提もと無なれば、行ずとも得べからず。

しかりといへども、まなびざる者はいよいよまよひ、行ぜざる者はいよいよめぐる。この故に身をすてて行じ、心をつくして修すべし。このことはりは、聖道浄土ことば異なりといへども、詮ずるところこれ一なり。故に法華経には、「我不愛身命、但惜無上道」とすすめ、観経には、「捨身他世、必生彼国」ととけり。

しかれば聖道は自力の行、自己の身命を捨てて道をあきらむる事自然なり。浄土は他力の行なれば、身命を仏に帰して命つきてのち仏性を証す。然れば吾等ごときの凡夫は、一向称名のほかに、出離の道をもとむべからず。

阿弥陀経の中には、「念仏申すものは、六方恒沙の諸仏の護念に預りて、順次に決定往生する事疑いなし」ととかれたり。ただ南無阿弥陀仏の六字の外に、わが身心なく、一切衆生にあまねくして、名号これ一遍なり。

兼ねて又、紫雲天華の事、称名不思議の瑞相なれば、凡夫の測量(はかりはかる)におよばざる者か。凡情を尽くして、この華もよくわくべく候。阿弥陀経百巻、仰せのごとく結縁仕り畢(おわん)ぬ。あなかしこ。南無阿弥陀仏。

   四月二十二日              一遍

 真縁上人

 

上巻

下巻

 

映画「一遍上人」

2012年/日本/85分
主演:ウド鈴木 監督:秋原北胤
音楽:スティーヴ エトウ エンディング・テーマ「雨ニモマケズ」作曲/唄:宇佐元恭一
原作:「一遍上人絵伝」
出演:ウド鈴木・宮下今日子・玉置成実・橘美緒・スティーヴ エトウ
   KenKen・吉田達也・クリヤ・マコト・宇佐元恭一・竹久圏・早川俊介・
   松永耕一・今村祈履・初嶺麿代・剛州・松田洋治・綾田俊樹 他
公式ホームページ:http://www.kaerucafe.co.jp/ippenshonin/

 

カスタム検索



ページのトップへ戻る