一遍上人語録

道具秘釈(どうぐひしゃく)

南無阿弥陀仏。一遍の弟子、まさに十二道具を用ゐるの意(こころ)を信ずべし。

一 引入(ひきいれ)
南無阿弥陀仏。無量の生命、名号法器たるを信ずる心、これ即ち無量光仏の徳なり。

一 箸筒(はしづつ)
南無阿弥陀仏。無辺の功徳、衆生の心に入るを信ずる心、これ即ち無辺光仏の徳なり。

一 阿弥衣(あみぎぬ)
南無阿弥陀仏。善悪同じく摂する、弥陀の本願を信ずる心、これ即ち無礙光仏の徳なり。

一 袈裟(けさ)
南無阿弥陀仏。苦悩を除くの法は、名号に対(なら)ぶるものなきを信ずる心、これ即ち無対光仏の徳なり。

一 帷(かたびら)
南無阿弥陀仏。火変じて風と成り、化仏来迎したまふを信ずる心、これ即ち炎王光仏の徳なり。

一 手巾(しゅきん)
南無阿弥陀仏。一たび弥陀を念ずれば、即ち多罪を滅するを信ずる心、これ即ち清浄光仏の徳なり。

一 帯
南無阿弥陀仏。廻光囲繞して、行者の身を照らすを信ずる心、これ即ち歓喜光仏の徳なり。

一 紙衣(かみこ)
南無阿弥陀仏。行住坐臥、念念に臨終を信ずる心、これ即ち智慧光仏の徳なり。

一 念珠(ねんじゅ)
南無阿弥陀仏。畢命を期とし、念念に称名を信ずる心、これ即ち不断光仏の徳なり。

一 衣
南無阿弥陀仏。この人、人中の芬陀利華なるを信ずる心、これ即ち難思光仏の徳なり。

一 足駄(あしだ)
南無阿弥陀仏。最下の凡夫、最上の願に乗ずるを信ずる心、これ即ち無称光仏の徳なり。

一 頭巾(ずきん)
南無阿弥陀仏。諸仏の密意にして、諸教の最頂なるを信ずる心、これ即ち超日月光仏の徳なり。

本願の名号の中に、衆生の信徳あり。衆生の信心の上に、十二光の徳を顕はす。他力不思議にして、凡夫は思量し難し。仰いで弥陀の名を唱へて、十二光の益を蒙るべし。

南無阿弥陀仏〈一切衆生、極楽に往生せむことを〉

   弘安十年三月朔日              一遍

 

上巻

下巻

 

 





ページのトップへ戻る